年収1億円の株式投資

株式投資記録と分析

ルチル・シャルマが予測するアメリカの未来

ルチル・シャルマとは

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントの新興国市場およびグローバル・マクロ担当ディレクター

新興国市場で250億ドル、その他マクロ関連で150億ドルを運用し、世界で最も多くの資金を動かす投資家の1人。前著のブレイクアウトネーションズの各国の予測は見事で、大ベストセラーとなる。また、世界の「トップ・ヤング・リーダー」及び「世界の頭脳100人」にも選ばれている。

 

未来予測の格付け方法

  • 2015年から今後5-10年の予想
  • 10の評価基準を10段階で採点し「優秀」「平均」「劣等」に分類

↓評価基準の詳細は、こちらを参照して下さい↓

toushibito.hatenablog.com

 

アメリカは『優秀』⇒『優秀』を維持

  • 移民の影響で生産年齢人口が多い
  • 投資が活発(特にハイテク産業が良い投資バブルを生み出している)
  • シャールガスも良いバブル(ただしバブルがはじける可能性も)
  • ITなどへの過剰な報道=好景気がピークに差し掛かっている可能性もある
  • 倹約生活への転換で経常収支赤字がGDP比3%に(危機から脱出)
  • 怒れるポピュリズムの台頭で政治サイクルに悪いサインが点滅
  • 良い億万長者が多く、利権や汚職が少ない

 

南米の注目はアルゼンチン『劣等』から『優秀』に急浮上

  • マウリシオ・マリク新大統領の改革に期待
  • 資本政策を撤廃し、ペソを輸出競争力が出るまで下落させた
  • 輸出税の削減と農作物輸出の関税の数量割り当ての廃止
  • 電力水道補助金の廃止
  • 中央銀行の独立性の回復

 

南米の雄ブラジルは最悪の状況は脱したが未だ『劣等』

 〇 改善点
  • メディアが経済破綻国ブラジルの報道に飽きた⇒チャンス
  • 通貨が割安(通貨安からくる輸出の国際競争力増)
  • キャピタルフライトが起きていない
  • 経常収支赤字がGDP比3%に(危機から脱出)今後黒字化予想
  • 鎖国政策の見直し

 

中南米の優等生メキシコ『優秀』

  • 米国の隣国の地の利(製造業の拡大)
  • 製造業への投資増=石油依存の低下40%⇒10%へ(原油市場に国内経済が左右されない状態になった)
  • 寡占企業の分割
  • 税金の徴収の拡大と社会インフラへの投資
  • パイプラインの整備による電力料金の低下⇒海外からの工場の移転
  • 経済成長率3%

 

ルチル・シャルマが注目するアジアの未来

ルチル・シャルマとは

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントの新興国市場およびグローバル・マクロ担当ディレクター

新興国市場で250億ドル、その他マクロ関連で150億ドルを運用し、世界で最も多くの資金を動かす投資家の1人。前著のブレイクアウトネーションズの各国の予測は見事で、大ベストセラーとなる。また、世界の「トップ・ヤング・リーダー」及び「世界の頭脳100人」にも選ばれている。

 

未来予測の格付け方法

  • 2015年から今後5-10年の予想
  • 10の評価基準を10段階で採点し「優秀」「平均」「劣等」に分類

↓評価基準の詳細は、こちらを参照して下さい↓

toushibito.hatenablog.com

 

高成長国が集中する南アジア『優秀』

  • 注目が低くメディアに報道されない(過剰経済にならない
  • 経済成長率6%
  • 製造業の脱中国の受け皿
  • 投資比率対GDP30%(工場への投資が多い)
  • パキスタンは、中国マネーの流入し治安が改善
  • バングラディッシュは、経常収支黒字化達成
  •  パキスタンバングラディッシュ生産年齢人口の伸び率2%
  • 過剰債務の基準以下で銀行が健全

 

展望が難しい評価据え置きのインド

  • モディ政権の改革は慎重
  • インフレ率が二桁から5%に低下
  • 自治州の力が強く、成長率5-6%を維持
  • 南アジアの成長率が高い恩恵を受けている
  • メディアからの関心が未だ低い

 

東南アジアNo1はフィリピン『優秀』

  • 高成長が5年続いているが過熱していない
  • 経済成長率6%
  • 政府の介入が少ない(電気、ガソリン補助金がなく、上場企業に国営企業がない)
  • メディアから注目されていない
  • 生産年齢人口が拡大中

 

東南アジアNo2はインドネシア『優秀』

  • 資源国なのに国際商品市場からの影響が小さい
  • 平均所得(3500ドル)が低いため成長の余地が大きい
  • エネルギー補助金の削減 ⇒ インフラへの投資増
  • 大臣の一新(改革姿勢)
  • 問題点は2025年に人口と平均年齢のピークを迎えること

 

東南アジアNo3はベトナム

  • 企業の1/3が国営企業
  • 財政収支赤字対GDP比6%新興国の平均の2倍)
  • インフラの充実
  • 海外からの直接投資対GDP比6%(東南アジアNo1)工場建設ラッシュ 農業国から加工貿易国への転換
  • 産業政策と地形学に不安

 

マレーシアとタイは『劣等』に転落

マレーシア
  • 産油国のため国際商品市場の下落が打撃
  • 製造業の復活に時間がかかる
タイ
  • バンコクに人口が集中し過ぎ(人口の偏在が経済格差を拡大させる)
  • 首都圏と農村部の政争で経済問題が後回し
  • 人口の高齢化と所得の低下
  • 中国とトルコに続く過剰債務国

 

ルチル・シャルマが予測する日本の未来

ルチル・シャルマとは

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントの新興国市場およびグローバル・マクロ担当ディレクター

新興国市場で250億ドル、その他マクロ関連で150億ドルを運用し、世界で最も多くの資金を動かす投資家の1人。前著のブレイクアウトネーションズの各国の予測は見事で、大ベストセラーとなる。また、世界の「トップ・ヤング・リーダー」及び「世界の頭脳100人」にも選ばれている。

 

未来予測の格付け方法

  • 2015年から今後5-10年の予想
  • 10の評価基準を10段階で採点し「優秀」「平均」「劣等」に分類

↓評価基準の詳細は、こちらを参照して下さい↓

toushibito.hatenablog.com

 

5年前はブレイクアウトネーションズでコンセンサス社会で改革が出来ない日本は、韓国・台湾などの後続に追い抜かれて未来がない『劣等』と格付けされていたが、今回はどうなっているのでしょうか?

 

日本の未来は『劣等』から『平均』に格上げ

✖ 悪い点
  • 人口減少
  • 巨額の公的債務
  • 生産年齢人口が毎年1%減っていく
  • 中国危機の影響
〇 良い点
  • アベノミクス効果
  • 円安と法人減税による企業収益増
  • 女性の社会進出増(働く女性65%アメリカの63%を超えた)
  • 観光収入増⇒国内物価の下げ止まり⇒デフレ終焉のサイン
  • TPPへの参加
  • 公的債務が増えていない(債務は増加率が重要
  • 銀行に豊富な預金量がある

 

隣国、韓国と台湾は『優秀』から『平均』に格下げ

  • 中国危機の影響
  • 国内で経済格差への不満
  • 生産年齢人口の減少

 

 

ルチル・シャルマが予測する中国の未来

ルチル・シャルマとは

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントの新興国市場およびグローバル・マクロ担当ディレクター

新興国市場で250億ドル、その他マクロ関連で150億ドルを運用し、世界で最も多くの資金を動かす投資家の1人。前著のブレイクアウトネーションズの各国の予測は見事で、大ベストセラーとなる。また、世界の「トップ・ヤング・リーダー」及び「世界の頭脳100人」にも選ばれている。

 

未来予測の格付け方法

  • 2015年から今後5-10年の予想
  • 10の評価基準を10段階で採点し「優秀」「平均」「劣等」に分類

↓評価基準の詳細は、こちらを参照して下さい↓

toushibito.hatenablog.com

 

 

中国の未来予測は最低ランクの『劣等』

✖ 悪い点
  • 高過ぎる成長目標で借金を増やしている
  • 生産年齢人口が既にピークを過ぎている
  • 債務がGDPの2倍の速さで拡大中
  • 生産性の低い投資が多く、GDP比35%と高い
  • 2013年の投資のGDP比47%がピーク
  • 製造業の業績悪化
  • キャピタルフライト 2015年に6400億ドルが国外に流出⇒海外での不動産バブルを生んでいる
〇 良い点
  • 世界中で中国危機のニュースが多いのが救い

 

中国の影響が増しているオーストラリアも『優秀』から『劣等』へ急降下

  • 資源国のため国際商品市場下落の影響が大きい
  • 中国危機の影響を受けやすい
  • 移民減による人口の伸びの低下
  • 民間債務の急増(借金で不動産を買い続けて住宅バブルを起こした)
  • 不動産バブル終焉の危機(不動産投資比率対GDP比5%と高い)
  • 製造業率が低い(8% 先進国最低)製造業が逃げていき更に低下中

 

中国の投資先アフリカは、東部『優秀』西部『劣等』で格差増

南アフリカは『劣等』だがロシアよりまし

 ✖ 資源国のため国際商品市場下落の影響が大きい

 〇 安定した銀行の存在、通貨安による競争力増

西部(ナイジェリア周辺)は『劣等』

 ✖ 汚職、石油への依存が大きすぎる(国際商品市場の下落)、テロ

東部(ケニア周辺)は『優秀』
  • 国内投資増(GDP比19%から24%ヘ)
  • 発電所の開発で電力料金が半減
  • 地の利(交易の拠点)
  • 生産年齢人口が年3%増

 

シャルマの未来予測 これから成長する国 沈む国 ルチル・シャルマ著

ルチル・シャルマとは

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントの新興国市場およびグローバル・マクロ担当ディレクター

新興国市場で250億ドル、その他マクロ関連で150億ドルを運用し、世界で最も多くの資金を動かす投資家の1人。前著のブレイクアウトネーションズの各国の予測は見事で、大ベストセラーとなる。また、世界の「トップ・ヤング・リーダー」及び「世界の頭脳100人」にも選ばれている。

 

未来予測の格付け方法

  • 2015年から今後5-10年の予想
  • 10の評価基準を10段階で採点し「優秀」「平均」「劣等」に分類
    ※最も信頼できる基準は「過剰債務」民間債務の対GDP比が5年で40%以上増加すると景気後退サイン(当て嵌まるのは中国のみ)
  • 新興国 成長率5%以上で優秀
    中低クラス(平均所得5000~1万5000ドル) 成長率3-4%で優秀
    中間クラス(平均所得1万5000ドル~2万5000ドル) 成長率2-3%で優秀
    先進国(平均所得2万5千ドル以上) 成長率1.5%で優秀

 

判定基準① 人口構成

  • 生産年齢人口の増加率2%以上あれば成長に寄与できる
  • 経済の潜在成長率=生産性の伸び率+労働人口(15-65歳)の伸び率
  • 人口減少は、[1]移民、女性の社会進出で補完する(移民は減っていく)
    [2]ロボット(AI)で補完する

 

判定基準② 政治サイクル

改革者はいつ俗物に変わるのか(危機が改革者を生み、経済発展をもたらした後に改革者がポピュリストになり、また危機が訪れる)

 

判定基準③ 格差

  • 不平等の程度が高過ぎても低すぎてもダメ
  • 日本の億万長者の割合はGDPの2%=富の創造で慢性的な機能不全におちいっている
  • お金持ちを見ればその国の将来が分かる

     悪い億万長者(レントシーキング/たかりや)賄賂や利権などで稼ぐ
     悪い億万長者比率が高いかどうか

  • 不平等が小さければ成長は長期持続するが、逆に不平等が大きく急速に拡大していれば成長は早い段階でポシャってしまう

 

判定基準④ 政府介入

政府介入は少ない方が良い(国家資本主義の限界)

  1. GDP比の政府支出の目的が生産的かどうか
  2. 国営業や銀行が政治目的で悪用されているかどうか
  3. 政府が民間企業に与える成長機会

 

判定基準⑤ 地の利

  • 隣国の混乱(イランとドバイの関係)
  • 輸出に有利な地域
  • 隣国との絆(経済的パートナーシップ)
  • 第一の都市と第二の都市の人口の偏在(人口比1/3以内)
  • 人口100万人都市が増えているかどうか(日本は浜松のみ)

地の利の優位性(成長順)
アジア 1)中国2)ベトナム3)バングラディッシュ
欧州  1)ポーランド
南米  1)メキシコ2)コロンビア

 

判定基準⑥ 産業政策

  • 富裕層はすぐに逃げ出す
  • 経済=消費+投資』で成り立つ
  • 成長と景気循環にとって重要なのは投資。投資のシェアの上昇率で成長率を計れる(GDP比25-35%
  • 製造業のGDPに占めるシェアは20-30%でピーク=一人当たりの平均所得1万ドルに達する
  • 投資の上限GDP比35%を超えると副作用が強まる=景気循環による景気後退
  • サービス業で国家を発展させるのは難しい(インドもフィリピンも大きな雇用をうんでいない)製造業の発展は国家に安定をもたらす
  • 経済は、良いバブルと悪いバブルを行ったり来たりする
    良いバブル: IT投資のような弾けた後に遺産が残る(光ファイバー網、成功したベンチャー、先端技術)
    悪いバブル: 不動産(借金だけが残る)不動産投資がGDP比5%を超えるとバブル崩壊
  • 製造業は長期成長をもたらす。商品経済(原油等の資源など)での成長は上昇10年後に低迷20年

 

判定基準⑦ インフレ

  • 住宅価格の上昇率が経済成長率を上回り続けていないか(資産バブル崩壊が経済危機を引き起こす)
  • 低インフレが経済成長の条件(低インフレは良いサイン、高インフレは悪いサイン、デフレには明確なルールがない)

 

判定基準⑧ 通貨

  • 済収支の赤字の対GDP比が5年連続3%以上なら要警戒
  • 資金は逃げ足も速いが戻るのも早い
  • 変動相場制は通貨危機後の回復が早い

 

判定基準⑨ 過剰債務

  • 債務の伸び率は経済成長率より高いか(債務の水準ではなく伸び率が重要
  • 民間債務の対GDP比増加幅が40%を超える5年以内に金融危機に陥る
  • 金融危機の原因は(政府の借金ではなく)民間の債務バブルが引き金となる

 

判定基準⑩ メディア

メディアに特集された時がピークで、メディアから見放された時がチャンス

 

まとめ

「循環」が未来を支配する(永遠に発展する国はない)

先進国での有望国: アメリカ、ドイツ
中所得国: メキシコ
低所得国: 南アジア、東アフリカ、東南アジアの一部

 

[新規]サイバーエージェント(4751)2018/9/6

新規

9/6

サイバーエージェント(4751)29,000株(買)5983.4円

[メモ]サイバーエージェントの日経225採用により買

その後、地震相場で株価が暴落し、買うタイミングを間違えた。インデックス買いの法則に従い決済していく。

 

ポートフォリオ

 

 メタップス(6172)28,000株(買)3,006円

[メモ]pringのリリースがなかなか出ないため、次の上昇で売却予定

 

SUMCO(3436)25,600株(買)2302.16円

[メモ]決算発表後に上昇後、急落し決済のタイミングを逃した。その後更なる急落により損失拡大。株価が急落した際は利益が出ている間に全て決済すべきだった。

 

TATERU(1435)は下げれば下げるほどチャンスなのかも‼

ãã£ã¼ãç»å

不動産会社TATERU顧客の融資資料を改ざんし、本日S安となりました。

-24.91%安の1,206円、明日も下げそうな気配です。

不動産会社のTATERUが改ざん 顧客の融資資料を:朝日新聞デジタル

実際に何があったのかというと、タテル社から物件を購入しようとした顧客の融資資料(通帳の残高)を改ざんして銀行に提出していたことが融資を実行する前に判明したとのことです。本件の不正をタテル社は認めており、他にも同じような改ざんがないか調査していくとのことです。

それで不安になって皆が一斉に同社の株を売っているということです。

第二のスルガ銀行だと言っている人もいるみたいですが、少し違うような気もしています。

 

まず、融資は実行されていないこと。そして、他にも同じような不正があったかどうか分からないこと(今後の調査でどのくらい不正があったかが分かってくるはずです)

スルガ銀行のシェアハウスと違い、タテル社の物件の担保価値は銀行が正当に評価していることなどが大きな違いです。

タテル社の株価は、S安前には不動産仲介業者のマッチングサイトのリリースで上げています。また、業績や会社の財務状況も良いです。

今後の調査結果次第ではありますが、そんなにダメージが出るような結果でなければ株価は戻してくると思います。

(今の風潮からして他に不正はないでは済まされないので、どの程度の不正が見つかるかだと思います)

本日だけでも2割下げているので、明日も下げるようであればその分が反発した時の利益になります。不祥事での空売りで稼ぐにはタイミングや運が必要ですが、その反発で稼ぐのは比較的確率が高いです。TATERUを今後WATCHしていきたいと思います。

TATERU (TATERU) 【1435】:決算/業績・財務推移 [通期/半期/四半期] | 株探