年収1億円の株式投資

株式投資記録と分析

私の投資手法と決済について

 

現時点での私の投資手法をまとめました。よりシンプルにより効率良く利益を上げるべく、日々投資手法や銘柄の選択を研究中ですが、ここにある手法だけでも株式投資で年収1億円以上を達成できます。

当ブログでは、私の取引記録や銘柄選択の経緯を残すことを目的として記事を書いていこうと思っています。

 

投資手法① レンジで動いている銘柄を追いかける

一定の幅で上下している銘柄を、底値付近で買って、高値付近で空売りする。

1)自分と相性の良い銘柄かどうか(株価の動きが読みやすいかどうか)

2)MACDとの相性(MACDがきれいに上下しているかどうか)

3)上下幅(最低10%以上の利益が取れるかどうか)

4)出来高(1トレード1億円以上投資できるかどうか)

5)業績が悪い会社には手を出さない

 

投資手法② 暴落株(実力より大きく下げている株)を狙う

下がっている理由と、どの程度下げているかで投資判断をする。

1)下がっている理由(不祥事、一時的なトラブルなど回復の見込みがあるかどうか)

2)過去10年の株価を調べて、暴落した株価がどの位置にあるか

3)出来高と業績(倒産リスクは避ける)

 

投資手法③ イベント銘柄を狙う

①②がメインで③はタイミングが合えば投資する

市場変更銘柄、インデックス買い、子会社や投資先の上場、自社株買い、増配、IRなど

 

決済方法(損切り)

決済判断① ラインを意識する

チャート分析で最も重要なのが平行線(平行線付近に売りと買いが溜まっていてトレンド変換の切欠になりやすい)

高値、安値、キリ番、もみ合い、高値や安値をつくった押しのラインを意識して、決済していく。

 

決済判断② ローソク足移動平均線

三空などの分かりやすいローソク足や5日線、25日線は他のホルダーも意識するので、そのタイミングで決済していく。