年収1億円の株式投資

株式投資記録と分析

テクニカル指標 MACDが便利な理由

 

MACDの利点

MACDとは: 移動平均線を使ったテクニカル指標です。

MACDが便利な理由は、兎に角使いやすいことです。一目見て状況を把握できます。

(ゼロラインから上でデッドクロスで売り、ゼロラインから下でゴールデンクロスで買い)

しかもオシレーター系の指標に分類されており、売られ過ぎ、買われ過ぎの判断に使え、加えて私が多用しているレンジ株の局面に強いです。

オシレーター系の指標の欠点はトレンドが出た局面で使えないことですが、MACDトレンド系の指標としても使えるので、この点でも便利です。

 

MACDの欠点

ここまで書いていくとMACDは完ぺきではないか?と思うかもしれませんが、やはり欠点もあります。

まず、シグナルが出るタイミングが遅いです。トレンドフォローならそれでもいいのですが、レンジだと少し不利になります。

そして、すべての指標に共通することですが、「だまし」があります。

 

対応策

MACDの欠点をできるだけカバーするために、レンジ相場でのシグナルをレジサポのラインで判断していくか、またはそれに加えてストキャスオシレーター系の代表的な指標)のサインで判断する方法があります。

「だまし」についてはレンジ相場を抑えていれば、そんなに大きな問題にはならないです(上がったり下がったりを繰り返すため)レンジブレイクだけ気を付けておけば大ケガはないです。

または、MACDがクロスする角度(直角に近ければ近いほどだましが少ない)に注目するのも良い方法です。

 

補足:ボリバン

MACDとは直接関係ないのですが、難しい局面でボリンジャーバンドも使えます。

ボリバンの全てのバンドが抵抗線として機能するため、平行線や移動平均線以外の抵抗線として利用できるうえに、バンドの拡大と縮小でチャートのトレンドを把握できます。

この2点だけでも十分使えます。

また、トレンドの終わり(天井や底)を知るにあたり、バンドウオークが終了してレートが3σから2σまで落ちてきたところ手仕舞いのシグナルとする方法も有効です。