年収1億円の株式投資

株式投資記録と分析

Yahoo(4689)自社株買い後の株価はどうなる?

ãã£ã¼ãç»å

ヤフーが自社株買いを発表しました。

ソフトバンクTOBで発行済み株数の10.7%にあたる約6億1111万株を360円/株で買い付けるようです。

 その結果、遂に株価が11.39%上昇し400円を突破しました。

Yahoo(4689)の投資判断 ヤフーは買いか!? - 年収1億円の株式投資

以前、私が投稿した記事ですが、見事に予想が当たってはいるのですが、何故か買い時を逃して買っていませんでした。。。

株は、予想が当たっても買ってなければ(利益を上げていなければ)何の意味もないです。。。

 

さて、今後の株価についてですが、アルタバが6/28に提出した大量保有報告書によると、4-6月の間に0.8%の株式しか市場で売却していません。6/28時点での持ち株比率は34.8%でした。

ここで分かることは、

  1. 市場で売るには株数が多過ぎで無理 ⇒ 今後も市場で売る株数には限度がある!
  2. 10%程度を売却しても、まだ20%アルタバがヤフー株を所有している ⇒ 今後残った株式をどうするのか?

 

何故SB(Yahoo)は今回10%のみ買い取ることにしたのか?

これは、資金的な問題もあると思いますが、私は他社に3割以上のYahoo株を買われてしまうことを阻止したのだと思っています。

ここまで株価が下がってくるとYahoo株は相当魅力的にうつるはずで、優先権のあるソフトバンクが買い取らない場合、他社がアルタバから全株取得し、Yahoo株3割以上を保有する新たな大株主が誕生することになります。

これを一旦避けて、残りの株式の買取方法を今後検討していくのだと思います。

 

個人的には、ヤフーに1兆円近いキャッシュがあり、これをヤフーが持っていても自社株買い以上に効果的な使い道もなさそうなので、400円以下のバーゲンプライスで全株式取得するのが最も資金効率が良さそうに思っています。

その後、株価は500円を超えて700円を目指す可能性があるので、そうなれば相当な利益です。

 

結論

今回のIRで株価は一旦上がるが(実際に上がったが)まだアルタバが20%のYahoo株を保有しているため、これが懸念材料となり、株価は500円を超えない(多分、そこまで上がらないどころか400円を切って360円に迫ってくる可能性もある)

そして、将来的に残りの2割の自社株買いを決定後、株価は500円を超えていく。

自社株買い後に償却すれば、株価は700円を目指す)

 

もし、今回の上昇から株価が下がり出して400円以下(うまくいけば360円前後)で買えるようであれば、私は次の残り2割の自社株買いを見込んでYahoo株を買う予定です。

なお、買い付けの期間は、7/11-8/9となっています。