年収1億円の株式投資

株式投資記録と分析

米中貿易戦争 次の空売りのタイミングは⁉

今月末に決定する対中関税の中身ですが、輸入品2000億ドル(約22兆3660億円)相当に課す計画だそうです。しかも関税を10%から25%に引き上げる可能性もあり、経済的に相当なインパクトになる可能性が高いです。

 

記事には、今月20日から23日の公聴会を経て30日に終了するとのことです。そして、トランプが関税の引き上げを公表するのはそれ以前になるとのことで、この辺りのタイミングで株価が動きそうです。

幸い、本日、日経もダウも米中の貿易戦争協議の進展があるかもしれないとのことで上がりましたが、これも長くは続かない気がしています。

来週中、遅くとも再来週には何らかの公表があると思われるので、そのタイミングで高値にある銘柄を先回りして空売りしていき予定です。

 

今回の関税ですが、前回の引き上げ前の米中交渉で中国が妥協の上の妥協により提案した内容をトランプは一蹴しています。よって今回中国がそれ以上の提案がない限り何らかのアクションを起こしてい来るはずです。しかも、中国共産党地震の足元が揺らぐような提案はしないと思うので、前回同様今回も関税の引き上げに踏み切るように思っています。

よって、8月中に株価が暴落して、9月以降実施が決まった時点で材料出尽くしの反発が期待できます。

私は、貿易戦争の中心にいる半導体セクターを中心に狙いを定めていきたいと思っています。