年収1億円の株式投資

株式投資記録と分析

ルチル・シャルマが予測する日本の未来

ルチル・シャルマとは

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントの新興国市場およびグローバル・マクロ担当ディレクター

新興国市場で250億ドル、その他マクロ関連で150億ドルを運用し、世界で最も多くの資金を動かす投資家の1人。前著のブレイクアウトネーションズの各国の予測は見事で、大ベストセラーとなる。また、世界の「トップ・ヤング・リーダー」及び「世界の頭脳100人」にも選ばれている。

 

未来予測の格付け方法

  • 2015年から今後5-10年の予想
  • 10の評価基準を10段階で採点し「優秀」「平均」「劣等」に分類

↓評価基準の詳細は、こちらを参照して下さい↓

toushibito.hatenablog.com

 

5年前はブレイクアウトネーションズでコンセンサス社会で改革が出来ない日本は、韓国・台湾などの後続に追い抜かれて未来がない『劣等』と格付けされていたが、今回はどうなっているのでしょうか?

 

日本の未来は『劣等』から『平均』に格上げ

✖ 悪い点
  • 人口減少
  • 巨額の公的債務
  • 生産年齢人口が毎年1%減っていく
  • 中国危機の影響
〇 良い点
  • アベノミクス効果
  • 円安と法人減税による企業収益増
  • 女性の社会進出増(働く女性65%アメリカの63%を超えた)
  • 観光収入増⇒国内物価の下げ止まり⇒デフレ終焉のサイン
  • TPPへの参加
  • 公的債務が増えていない(債務は増加率が重要
  • 銀行に豊富な預金量がある

 

隣国、韓国と台湾は『優秀』から『平均』に格下げ

  • 中国危機の影響
  • 国内で経済格差への不満
  • 生産年齢人口の減少